2018年3月12日

2018年度 二月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

先日、二月の共同墓地月例法要を執り行いました
↓法要の様子です

今回もたくさんの方々にご参列いただきましたm(__)m
ますます春を感じるようになってきましたね
桜も蕾をつけはじめましたよ♪

さて、今回のご住職のお話は「お経について」でした
いつもご住職が唱えてらっしゃるのは「南無阿弥陀仏:なむあみだぶつ」ですね
これは浄土宗や浄土真宗が主な宗派ですね
他に代表的なものといえば
日蓮宗の「南無妙法蓮華経:なむみょうほうれんげきょう」
臨済宗の「南無釈迦牟尼仏:なむしゃかむにぶつ」
真言宗の「南無大使遍照金剛:なむたいしへんじょうこんごう」
などがありますね
これら全てには、頭に“南無”が付きますね、この“南無”は、頭を下げ敬意を示すことをさします
そして、浄土宗のお経である「南無阿弥陀仏」の“阿弥陀仏”というのは、元をたどればインドの“アミターユス”という言葉からきており「無量寿(無量の命)」という意味だそうです
私たちは、先祖をたどれば沢山の命があって今ここに存在していますよね
先祖に感謝して、この世界にある沢山の命に感謝して
良い事も悪い事もいろんなことがありますが、今ある命に感謝して生きていきましょう
3月はお彼岸の時期になりますね、そのころにはもうすこし暖かくなっていると思います
また皆さんとお会いできるのを楽しみにしております(*^^*)