2018年度 十月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

10月28日に共同墓地にて月例法要を執り行いました
法要の様子です↓

今回も沢山の方にご参列いただきありがとうございます

ご住職のお話です
最近、法事があってお参りに行ったお家の仏様が仏壇から出されていました
理由を聞くと、仏様の足が折れてしまっているから引き取ってもらいえませんかとのこと
なんでも、今年息子様が事故で足を骨折してしまったようです
(仏様をこのままにしておくと)また何か悪いことが起こるのではないかと思って・・・とおっしゃられました
この方は、仏様に傷がついたから悪いことが起こったと考えられていますが
考え方を変えると、仏様が気をつけなさいよ、と教えてくれたのかもしれませんよね
もしかしたら、そのおかげで骨を折るぐらいで済んだのかもしれません
物は考えようです
前向きに考える人を、善女、善男といいます
物事を良い方にとらえて生きていくと不思議とうまくいきます

私も最近、同じように感じることが増えました
物事は捉え方ひとつで見える景色が変わってきます
それに伴って、現実に起こる出来事も変わる気がします
時には後ろを向くことはあっても、また前を向いて進んでいこうと意識していきたいです^^

2018年度 九月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

ご無沙汰しております・・・
投稿が滞っています、申し訳ございません
九月の月例法要は、23日に執り行いました

法要の様子です↓

この日はちょうど秋のお彼岸の時期でした
ご住職のお話も、そのお彼岸についてです
一般的に、お彼岸とは先祖の供養をする日だと認識されています
ですが、もともと彼岸と言う言葉は、「はるか彼方の岸に行くこと」とされています
つまり、今ある自分と離れ違う自分になるため、自分の事を修行する時というわけです
理想の自分になるためには、自分一人ではなれません
必ず人の助けが必要になりますが、助けてもらえる人は感謝を忘れない人です
「ありがとう」と言える自分になりましょう
ではまず、こうして毎月の法要に、ましてやペットの法要に皆さんが来られるようになったのは、亡くしたペットたちがいたからですよね
その子たちに、ありがとうと言いましょう
そして、それはきちんと声に出すことが大事です
ありがとうと言える心は許すということです
穏やかな、許せる心を持ちましょう

感謝の気持ちを伝えるのは、身近な人になればなるほど難しい気がします
私も家族やペットに感謝を伝えるところから始めようと思います!

(いつもありがとうね~^^)

2018年度 八月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

今年は天災が特別多い気がしますね
先日は台風21号が、ここ大阪に大きな爪痕をのこしていきましたね
停電、断水被害も沢山あったと聞きました
みなさまはご無事でしたか?まだまだ、大変な地域もあるかと思います・・・
そんな矢先に、北海道の大地震
びっくりしましたね、お墓がたくさん崩れたニュースも拝見しました
当事者の方がたのお気持ちを考えると胸が痛みます
ですが、私たちには私たちにできることを精一杯するのみ
何があってもおかしくないんだと、改めて心に刻みました

それでは、先日行いました月例法要の様子です↓

朝晩は少し和らいだものの、日中は夏らしい暑い一日でした
ご住職のお話はいつも唱えていらっしゃるお経についてです
今は情報化社会、うかうかと好き勝手は言えない時代となりました
もちろん読経は、好き勝手言っているわけではなく、お経を唱えているのですね
お経というのは、お釈迦様の教えです
そのお釈迦様のお言葉を伝えていくのがお坊さんなわけです
お釈迦様は40年間のご生涯でした
その40年間で沢山の教えがあるわけですが、動物の供養の話はあまりないそうです
ご住職がいらっしゃる、知恩院浄土宗ではこう唱えられています
「どうか、次の命は人間になりますよう」
亡き子の事を想い、この子が次は人間の命を授かりますように、と

次回、9月の法要は
23日(日)午前11時半~と午後3時~執り行います
たくさんのご参列お待ちしておりますm(__)m


実は、お客様から種を頂きまして、小学生ぶりに朝顔を育てていました!
綺麗に咲いてよかったです^^
種も順調に育っています、欲しい方がいらっしゃいましたらお声掛けください♪

2018年度 七月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

少し暑さがやわらぎましたね?
でも、台風がすぎるとまた暑くなると聞きました
温度変化がかなりあるので、お身体には気を付けてくださいね

今回は、7月の月例法要についてです
法要の様子です↓

いつもより少し早めの法要でした^^
ご参列くださいました皆様、ありがとうございました♪

今回のご住職のお話は、お盆についてでした
みなさん、お盆の期間にはお参りいただけましたか?
お盆では、8月1日~7日にご先祖様が帰って来られ、16日までお家にいるといわれています
ですが、子どもはなかなか帰りたがらないので、24日に地蔵盆といって子どもを送る風習ができたそうです

ちょうど、今年初めてのセミの抜け殻も見つけました^^♪
今年は暑すぎて、セミもあまり鳴いていませんね・・・(^^;

2018年度 六月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

かなりご無沙汰しております
約2ヶ月ぶりの更新です・・・
たった2ヶ月の間にいろいろとありましたね

皆さんお元気でしたか?
地震や大雨の被害はございませんでしたか?
こちらひらかた動物霊園は、地震も大雨も大きな被害はなく
お祀りしているお位牌やご遺骨には一切影響ございませんでした
どちらの時も、沢山の方からご心配下さってお電話をいただいたり
お見舞いのお言葉をかけていただきました
心より御礼申し上げます

さて今回は、6月の法要の様子をお伝えします↓

お天気も良く、気持ちのいい一日でした♪
沢山のお参り、ありがとうございました^^

2018年度 五月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

梅雨入りしましたね!
真夏?ってほどに暑かった気温が少し落ち着きそうです^^
梅雨はジメジメとするのであまり好きではないですが、傘の中で聞こえる雨の音は好きです

先日、共同墓地の月例法要を執り行いました
法要の様子です↓

(今回、午前の部は先代住職にお越しいただきました!ありがとうございました)

それでは、今回のご住職のお話です(^^)/
皆様、毎月毎月、こうして亡きペットちゃん達の為にお参りにお越しいただいておりますね
お参りをするというのは、「徳を積む」ということなのです
亡くなったペットちゃん達が無事成仏するようお祈りして、仏の教えを聞いて(これが法話です)・・・
最近(5月下旬)はもっぱらスポーツの反則行為のニュースでもちきりでしたね
ああいうものを見ると、悪い人が得をするように見えませんか?
悪党と言いますが、これは悪い人が集まって党を組むことです
では、善人が集まると善党というのか?言いませんよね
それは、この世のほとんどが善人だからです
悪党は仲間が少ないから、皆で集まるわけですね
なら、なぜ悪人が生まれるのか・・・それは欲を大きく持ちすぎるからです
必要以上に欲を持ってしまうと悪い心が生まれてきます
ならば、私たちのペット達はどうでしょう?
自分の生命に関わる事以外の欲は持っていないように見えます
生命維持以外の欲を持つのは人間ぐらいなものです
ですから、こうしてお参りをして徳を積み、善人になりましょう
そして、そんな自分にしてくれたペット達に感謝して生きていきましょう

私はこのお話を聞いて、本当にそうだなぁと感じました
こうして毎月お参りに来て下さる皆様は善人以外の何者でもございませんが、
もしあの子(ペット)達に出会わない人生であったなら、私もあなたも、もしかすると違う人間になっていたかもしれません
少なくとも、ペット達を想って、お参りをするような人にはなっていなかったでしょう
私も、この仕事を選ぶことはなかったでしょうし、ここまで動物を愛することもなかったでしょう
そう考えると、亡きペット達に出会えたことがとても意味のあることで、
亡くした後は、本当に寂しくて悲しいけれど、こうして自分の一部となって一緒に生きているのかなと感じます^^

さて、次の月例法要は6月24日(日)です!
①午前の部 午前11時30分より
②午後の分 午後3時より
沢山のご参列、お待ちしております♪

夏の知らせ?

こんにちは、スタッフの正田です

みなさん、GWは楽しく過ごされましたか?
家族でお出かけされた方、お友達と旅行♪なんて方もいらっしゃいますかね^^
いやいや、仕事ですよという方も・・・
そんなGWは天気の良い時は真夏日のような暑さの日もありましたね(゜-゜)
かと思えば、今日は雨が降ってからグッと気温が下がって少し肌寒いぐらいです・・・
みなさんは体調は崩されていませんか?かく言う私は、先月の法要日に高熱でお休みをいただいておりましたm(__)m
本当に、、みなさんもお気を付けください!( ;∀;)

さて、5月に入ってからサツキが花を付けましたよ♪

宝塔慰霊碑の裏手に植えてあるのがサツキの木です

ひらかた動物霊園の共同墓地の裏にはツツジの木がありますよね
ツツジとサツキってすごく似てませんか?
調べてみると、同じツツジ属ツツジ科の植物だそうです
ただ、大きさが違うのと、咲く時期が少し違うみたいです
ツツジが4月中旬から5月上旬、サツキが5月中旬から7月
ツツジが咲く終わるとサツキが咲き始めるそうです
サツキの俳句の季語は「夏」、昔の書物にも「初夏咲き」として記されていて
まるで夏のお知らせのようですね^^

それと!皆さんお待ちかねの(?)ツバメ情報ですよ~
今年もちゃんと、帰ってきてくれました(;_;)

(お留守中に失礼して)
もう、たまごも産んでます!
肝心の場所は、、秘密です(笑)
お参りの際に探してみて下さ~い(*^^*)

春本番

こんにちは、スタッフの正田です

先週末、少し寒くなって体調など崩されておりませんか?
このところ初夏程の気温まで上がったりしてましたから、体がついていきませんね・・・
皆さんもどうぞご自愛くださいませ
4月になって霊園のいきもの達も、活発に動き始めました^^
なんなら、急にあったかくなりすぎて少し焦っているようにすら感じます(笑)
もう散ってしまいましたが、霊園の桜が満開の頃、ミツバチたちがたくさん蜜を集めにきていました


桜の下にいくと、ぶーんぶーんと大きい音が聞こえていました

私がここに来たのは、昨年の3月末頃でした
もう一年も経ったのかと驚きです、ほんと早いですね
来てしばらくしてからタラの芽をてんぷらで頂いたのがまだ記憶に新しいです
あれは四月ごろでしたかね、今年は三月の半ばごろには最初のタラの芽が発芽して、後から出てきたものも大きくなりすぎて食べれません
そんなに焦って大きくならないで・・・( ;∀;)

同じころ、土筆も生えてきてましたよ♪

もうちらほら見かけたのですが、私の大好きなトカゲも冬眠から目覚めました(*^^*)
はやくその姿を写真に納めたいです・・・!
皆さんも、お参りに来られた際は生きものも探してみてください♪

2018年度 三月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

本当に三月なの?って疑うほどの暖かい日々が続いておりましたね
気が付けばもう4月にはいりました
お昼が暖かすぎるからか、朝晩の冷え込みが余計寒く感じる気がしますね;;
皆さん、体調にはくれぐれも気を付けてくださいね

法要は、ちょうど春のお彼岸の終わりごろに執り行いました
お天気も良く、とても気持ちのいい一日でした♪
法要の様子です↓

今回は午前11時~と午後3時~の2座行いました
午前中は特に、いつもとは違う雰囲気に驚かれた方もいらっしゃるかもしません
どちらの回も沢山の方にお越しいただきありがとうございました(*^^*)

ご住職のお話は、お彼岸にちなんだお話です
ずっとずっと昔、私たちの祖先は狩猟民族でした
動物や植物などを狩って生きてきました
ですが、安定した食料を得られる保証はありません
そんな時、日本にお米が伝わってきて、狩猟民族から農耕民族に代わりました
お米を育てるには一番、日光が必要になります
しかし、天気は私たちでは決められませんよね
だから、みんな日が照りますようにと願うしかなかったのです
そこで、今の伊勢神宮のご神体である「天照大神(アマテラスオオミカミ)」にお願いをしたのですね
そういった習慣が日本には昔から根付いていました
そんな中、インドから中国、そして日本へと仏教の教えが広がってきて、元々「日願」だったものが、「彼岸」に変わっていきました
日本では、春と秋に彼岸のお参りをしますが、その習慣は日本だけなのです
それは、丁度お米を育て始める春と、収穫をする秋の季節の変わり目にお参りをすることからきているのです

すごく勉強になったお話でした^^
「彼岸」が元々「日願」だったなんて、全く知りませんでした
みなさん知ってましたか?
仏教の教えはその時代と合わせて知ると、とても面白いですよね(^^♪

4月の法要も、2座に分けて行います!皆様にお会いできることを楽しみにしています(^^)/

倉治小学校のうさぎちゃん

こんにちは、スタッフの正田です

もう春本番!といった、暖かい気候になってきましたね♪
桜がもうすぐ花開きそうです、開花したらまたお知らせしますね(^^♪

さて先日、3月15日に交野市立倉治小学校で飼育されているうさぎちゃんのご葬儀のご依頼がありました
こちらひらかた動物霊園では、学校などで飼育されている動物たちの火葬は無償でさせていただいております
今回の倉治小学校のうさぎちゃんも同様にご葬儀をお受けいたしました
ご代表の先生にお越しいただき、ご葬儀の後、他の仲間たちと一緒にお供養をさせていただきました

そしてなんと、本日お参りに来て下さり、倉治小学校飼育委員会の子どもたちから手作りのお礼状までいただきました!!

すっごくかわいいお手紙ですよね(*^^*)
マイクちゃん、すごく愛されていたんだなぁと感じました
こんなにたくさんの愛情を受けて最期を迎えられたマイクちゃんは本当に幸せだと思います
倉治小学校飼育委員会の皆さん
この度はお心のこもったお手紙をいただき、本当にありがとうございました
また、いつでもお参りに来てあげてくださいね^^