2018年度 五月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

梅雨入りしましたね!
真夏?ってほどに暑かった気温が少し落ち着きそうです^^
梅雨はジメジメとするのであまり好きではないですが、傘の中で聞こえる雨の音は好きです

先日、共同墓地の月例法要を執り行いました
法要の様子です↓

(今回、午前の部は先代住職にお越しいただきました!ありがとうございました)

それでは、今回のご住職のお話です(^^)/
皆様、毎月毎月、こうして亡きペットちゃん達の為にお参りにお越しいただいておりますね
お参りをするというのは、「徳を積む」ということなのです
亡くなったペットちゃん達が無事成仏するようお祈りして、仏の教えを聞いて(これが法話です)・・・
最近(5月下旬)はもっぱらスポーツの反則行為のニュースでもちきりでしたね
ああいうものを見ると、悪い人が得をするように見えませんか?
悪党と言いますが、これは悪い人が集まって党を組むことです
では、善人が集まると善党というのか?言いませんよね
それは、この世のほとんどが善人だからです
悪党は仲間が少ないから、皆で集まるわけですね
なら、なぜ悪人が生まれるのか・・・それは欲を大きく持ちすぎるからです
必要以上に欲を持ってしまうと悪い心が生まれてきます
ならば、私たちのペット達はどうでしょう?
自分の生命に関わる事以外の欲は持っていないように見えます
生命維持以外の欲を持つのは人間ぐらいなものです
ですから、こうしてお参りをして徳を積み、善人になりましょう
そして、そんな自分にしてくれたペット達に感謝して生きていきましょう

私はこのお話を聞いて、本当にそうだなぁと感じました
こうして毎月お参りに来て下さる皆様は善人以外の何者でもございませんが、
もしあの子(ペット)達に出会わない人生であったなら、私もあなたも、もしかすると違う人間になっていたかもしれません
少なくとも、ペット達を想って、お参りをするような人にはなっていなかったでしょう
私も、この仕事を選ぶことはなかったでしょうし、ここまで動物を愛することもなかったでしょう
そう考えると、亡きペット達に出会えたことがとても意味のあることで、
亡くした後は、本当に寂しくて悲しいけれど、こうして自分の一部となって一緒に生きているのかなと感じます^^

さて、次の月例法要は6月24日(日)です!
①午前の部 午前11時30分より
②午後の分 午後3時より
沢山のご参列、お待ちしております♪