夏の知らせ?

こんにちは、スタッフの正田です

みなさん、GWは楽しく過ごされましたか?
家族でお出かけされた方、お友達と旅行♪なんて方もいらっしゃいますかね^^
いやいや、仕事ですよという方も・・・
そんなGWは天気の良い時は真夏日のような暑さの日もありましたね(゜-゜)
かと思えば、今日は雨が降ってからグッと気温が下がって少し肌寒いぐらいです・・・
みなさんは体調は崩されていませんか?かく言う私は、先月の法要日に高熱でお休みをいただいておりましたm(__)m
本当に、、みなさんもお気を付けください!( ;∀;)

さて、5月に入ってからサツキが花を付けましたよ♪

宝塔慰霊碑の裏手に植えてあるのがサツキの木です

ひらかた動物霊園の共同墓地の裏にはツツジの木がありますよね
ツツジとサツキってすごく似てませんか?
調べてみると、同じツツジ属ツツジ科の植物だそうです
ただ、大きさが違うのと、咲く時期が少し違うみたいです
ツツジが4月中旬から5月上旬、サツキが5月中旬から7月
ツツジが咲く終わるとサツキが咲き始めるそうです
サツキの俳句の季語は「夏」、昔の書物にも「初夏咲き」として記されていて
まるで夏のお知らせのようですね^^

それと!皆さんお待ちかねの(?)ツバメ情報ですよ~
今年もちゃんと、帰ってきてくれました(;_;)

(お留守中に失礼して)
もう、たまごも産んでます!
肝心の場所は、、秘密です(笑)
お参りの際に探してみて下さ~い(*^^*)

春本番

こんにちは、スタッフの正田です

先週末、少し寒くなって体調など崩されておりませんか?
このところ初夏程の気温まで上がったりしてましたから、体がついていきませんね・・・
皆さんもどうぞご自愛くださいませ
4月になって霊園のいきもの達も、活発に動き始めました^^
なんなら、急にあったかくなりすぎて少し焦っているようにすら感じます(笑)
もう散ってしまいましたが、霊園の桜が満開の頃、ミツバチたちがたくさん蜜を集めにきていました


桜の下にいくと、ぶーんぶーんと大きい音が聞こえていました

私がここに来たのは、昨年の3月末頃でした
もう一年も経ったのかと驚きです、ほんと早いですね
来てしばらくしてからタラの芽をてんぷらで頂いたのがまだ記憶に新しいです
あれは四月ごろでしたかね、今年は三月の半ばごろには最初のタラの芽が発芽して、後から出てきたものも大きくなりすぎて食べれません
そんなに焦って大きくならないで・・・( ;∀;)

同じころ、土筆も生えてきてましたよ♪

もうちらほら見かけたのですが、私の大好きなトカゲも冬眠から目覚めました(*^^*)
はやくその姿を写真に納めたいです・・・!
皆さんも、お参りに来られた際は生きものも探してみてください♪

2018年度 三月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

本当に三月なの?って疑うほどの暖かい日々が続いておりましたね
気が付けばもう4月にはいりました
お昼が暖かすぎるからか、朝晩の冷え込みが余計寒く感じる気がしますね;;
皆さん、体調にはくれぐれも気を付けてくださいね

法要は、ちょうど春のお彼岸の終わりごろに執り行いました
お天気も良く、とても気持ちのいい一日でした♪
法要の様子です↓

今回は午前11時~と午後3時~の2座行いました
午前中は特に、いつもとは違う雰囲気に驚かれた方もいらっしゃるかもしません
どちらの回も沢山の方にお越しいただきありがとうございました(*^^*)

ご住職のお話は、お彼岸にちなんだお話です
ずっとずっと昔、私たちの祖先は狩猟民族でした
動物や植物などを狩って生きてきました
ですが、安定した食料を得られる保証はありません
そんな時、日本にお米が伝わってきて、狩猟民族から農耕民族に代わりました
お米を育てるには一番、日光が必要になります
しかし、天気は私たちでは決められませんよね
だから、みんな日が照りますようにと願うしかなかったのです
そこで、今の伊勢神宮のご神体である「天照大神(アマテラスオオミカミ)」にお願いをしたのですね
そういった習慣が日本には昔から根付いていました
そんな中、インドから中国、そして日本へと仏教の教えが広がってきて、元々「日願」だったものが、「彼岸」に変わっていきました
日本では、春と秋に彼岸のお参りをしますが、その習慣は日本だけなのです
それは、丁度お米を育て始める春と、収穫をする秋の季節の変わり目にお参りをすることからきているのです

すごく勉強になったお話でした^^
「彼岸」が元々「日願」だったなんて、全く知りませんでした
みなさん知ってましたか?
仏教の教えはその時代と合わせて知ると、とても面白いですよね(^^♪

4月の法要も、2座に分けて行います!皆様にお会いできることを楽しみにしています(^^)/

倉治小学校のうさぎちゃん

こんにちは、スタッフの正田です

もう春本番!といった、暖かい気候になってきましたね♪
桜がもうすぐ花開きそうです、開花したらまたお知らせしますね(^^♪

さて先日、3月15日に交野市立倉治小学校で飼育されているうさぎちゃんのご葬儀のご依頼がありました
こちらひらかた動物霊園では、学校などで飼育されている動物たちの火葬は無償でさせていただいております
今回の倉治小学校のうさぎちゃんも同様にご葬儀をお受けいたしました
ご代表の先生にお越しいただき、ご葬儀の後、他の仲間たちと一緒にお供養をさせていただきました

そしてなんと、本日お参りに来て下さり、倉治小学校飼育委員会の子どもたちから手作りのお礼状までいただきました!!

すっごくかわいいお手紙ですよね(*^^*)
マイクちゃん、すごく愛されていたんだなぁと感じました
こんなにたくさんの愛情を受けて最期を迎えられたマイクちゃんは本当に幸せだと思います
倉治小学校飼育委員会の皆さん
この度はお心のこもったお手紙をいただき、本当にありがとうございました
また、いつでもお参りに来てあげてくださいね^^

柴犬のおばあちゃん

こんにちは、スタッフの正田です
とても貴重な体験をしたのでお伝えいたします

先日、出先から帰路につく途中で、車のよく通る道路の真ん中をフラフラ歩く柴犬に出会いました
夜の8時半ごろでしたでしょうか、みんなソロソロと走りながらよけていきます
そのわんちゃんは足をびっこひきながら歩いていました
近くまで来ると、首には白い首輪が!これは放っておけないなと思い、路肩に車を停め柴犬のところへ向かいました
「こっちおいで!」と声をかけると素直に寄ってきてくれました、とてもいい子です
歩道へ上がり、首輪を見てみたが特にネームプレートのようなものは見当たらず・・・
周りを見渡してみても飼い主らしき方も見当たりませんでした
どうしたものか・・・と悩んでいると、丁度車を停めた前のレストランの方が声をかけてくれ
「犬だから、家までの道を覚えてるかもしれないですね」とおっしゃってくださり
この子について行ってみることにしました(車はレストランの駐車場を貸して下さりましたm(__)m)
「よし、うちに帰ろ!」と声をかけて手を差し出すと、ペロペロと手をなめて答えてくれました・・・!^^(ほんとうにいい子なんです)
2時間ぐらいでしょうか・・・時々立ち止まり、確認するかのように私の足に体を摺り寄せては、また進み、を繰り返しながらゆっくり歩いていきました
時間は夜の10時半、そろそろまずいなと焦りだす私をよそにトコトコと迷いなく歩き進む柴犬ちゃん・・・(笑)
私の携帯の充電も残り1%で途方に迷ってしまいそうだったので、母親を助っ人で呼びました
そこで近所にあった動物病院さんに連絡してみたところ、「飼い主さんが連絡しているかもしれないから警察に一度電話をしてみてください」とのこと
その考えはなかった!と思いました(すぐに保健所行きになってしまうと思っていたのです、勉強になりました)
警察の方から、飼い主さんへ連絡があったそうで、しばらくして私たちのいる場所へ飼い主さんが来られました
きっと必死で探し回っていたのでしょう、涙を浮かべながら駆け寄って来られたのを見て、私も安堵と感動で涙が出ました
「よかったねぇ」と頭をなでると、またペロペロと手をなめてくれたのです
「ありがとう」って言ってくれたのかなぁ(*^^*)もう勝手に歩き回っちゃだめだよ~(笑)
飼い主さんに聞いたところ、かなりの老犬で目も見えてなくて、足腰の手術もしており、かなりのおばあちゃん犬でした
あまりよくわからず、家を出てしまったのかもしれませんね・・・
とにもかくにも、足をびっこひいていたのは事故にあったからではなくて安心しました^^
皆様も、老犬を飼われている方がいらっしゃいましたら気をつけてあげてください(>_<)

今回無事、飼い主さんの元へわんちゃんを帰すことができて本当によかったです
迷い犬を保護したのは初めてだったのでとても良い経験をさせていただけました
またこんなことがあった際は、まず警察へ連絡してみて、飼い主さんが探していないか聞いてみようと思います
皆様も、もしこんな状況に遭遇した際はぜひご参考にしていただければと思います!
最後までお読みいただいてありがとうございましたm(__)m

2018年度 二月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

先日、二月の共同墓地月例法要を執り行いました
↓法要の様子です

今回もたくさんの方々にご参列いただきましたm(__)m
ますます春を感じるようになってきましたね
桜も蕾をつけはじめましたよ♪

さて、今回のご住職のお話は「お経について」でした
いつもご住職が唱えてらっしゃるのは「南無阿弥陀仏:なむあみだぶつ」ですね
これは浄土宗や浄土真宗が主な宗派ですね
他に代表的なものといえば
日蓮宗の「南無妙法蓮華経:なむみょうほうれんげきょう」
臨済宗の「南無釈迦牟尼仏:なむしゃかむにぶつ」
真言宗の「南無大使遍照金剛:なむたいしへんじょうこんごう」
などがありますね
これら全てには、頭に“南無”が付きますね、この“南無”は、頭を下げ敬意を示すことをさします
そして、浄土宗のお経である「南無阿弥陀仏」の“阿弥陀仏”というのは、元をたどればインドの“アミターユス”という言葉からきており「無量寿(無量の命)」という意味だそうです
私たちは、先祖をたどれば沢山の命があって今ここに存在していますよね
先祖に感謝して、この世界にある沢山の命に感謝して
良い事も悪い事もいろんなことがありますが、今ある命に感謝して生きていきましょう
3月はお彼岸の時期になりますね、そのころにはもうすこし暖かくなっていると思います
また皆さんとお会いできるのを楽しみにしております(*^^*)

デグーって知ってますか?

こんにちは、スタッフの正田です

少し寒さも和らいできましたね
立春を過ぎたあたりから陽の暖かさが違う感じがします^^
とはいっても、朝晩は冷え込みますので皆様温かくしてお過ごしくださいね

さて、今回は私の新しい家族を紹介したいと思います♪
デグーの十造(じゅうぞう)くんです☆

今年の初めにお迎えしました
デグーはとても人に懐きやすく、賢くて犬くらいの知能があるそうです
名前はもう覚えてて呼んだらそばまで走ってきます@
芸なども覚えるそうですよ!
デグーはアンデス山脈出身で、アンデスの歌うネズミと言われています
キューキューと可愛い声で鳴くのが愛らしくてたまりません(*^^*)
たまに、小鳥が鳴いてるのかと思うぐらいです(笑)
もし芸など覚えたときには、また皆さんにお知らせしますね^^


いっぱい食べて大きくなってね(^^♪

2018年度 一月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

大変ご無沙汰しております
新年を迎えてから初めての投稿となります・・・
この間、お参りのご家族様や担当させていただいたご家族様に
ブログを読んでいるとお声掛けいただきすごく嬉しかったです(#^^#)
楽しみにいていただけるよう精進してまいります(^^)/

さて本題へ
先日、一月の共同墓地月例法要を執り行いました
↓法要の様子です


(今回も宝塔慰霊碑へのお参りをいただきました)

冬らしく、雪が舞う中での法要でした∴
足元の悪い中ご参列くださった皆様ありがとうございました

それでは、ご住職のお話です
約15年程前まで、お寺は動物の供養には携わっておりませんでした
それが、私たちスタッフのように若い(?)者が職に就くまで広く浸透してまいりました
今では、ペットが亡くなれば火葬をし、供養することが当たり前のようになってますよね
ですが、表立っては言わずとも良く思わない宗教家もいらっしゃるようで・・・
それでも動物たちへのお供養をやめようとは思わなかった
それは、こうして雨が降ろうが雪が降ろうが毎月お参りに来て下さる皆様のおかげでございます

このように信念を持ってお勤めいただいていること、心から感謝申し上げます
私たちスタッフも、それぞれが志を持ってこの職に就いているわけでありますが、私たちだけではペットちゃん達をお供養することはできません
こうして毎月お勤めくださるご住職をはじめ、毎月お花の世話をしてくださる花屋さんやご注文があればすぐに対応くださる墓石屋さん
また燃料を毎週届けて下さったり、仏具等を作って下さる方、それを届けて下さる方まで、
事をたどればキリがありませんが、沢山の方々のお力添えがあって初めてペットちゃん達をしっかりとお供養させていただけます
そしてなにより、大切に大切にペットちゃん達をお世話されてきたご家族様がいらっしゃるからこそでございます
いつもお別れに立ち会わせていただく度、温かな気持ちになります(*^^*)
と、このまま続けるともっと長くなってしまいそうなのでこの辺で止めておきますね(^^;
では改めて、これからも皆様の愛ペット達を心を込めてお供養させていただきますので
本年もどうぞよろしくお願い致します<m(__)m>


最後に、だいぶ前に雪が積もった時スタッフの村上と作った謎の生物を載せておきます^^笑

2017年度 十二月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

先日、共同墓地の月例法要を執り行いました

法要の様子です↓

今年最後の月例法要、今回も沢山の方にご参列いただきました
雨が少し心配でしたが、無事打たれることなく終了いたしました(^^)/

今回は、宝塔慰霊碑へもお参りいただきました

今年は悲しいニュースもありましたが、このように落ち着いてご供養させていただける形となって一安心でございます
いつもお参りいただいております当園のご遺族の皆様も、暖かくお迎えいただき誠に感謝申し上げます

さて、今回のご住職のお話は、もうすぐ新年ということで初詣にまつわるものでした
皆さん初詣はどこにいかれますか?神社ですか?お寺ですか?
実は、神社とお寺はほぼ同じ数あるそうです!(初耳でした)
ここで質問です
Q.47都道府県で一番お寺の多いところはどこでしょう?
ヒント:お寺というのは、日頃の感謝をお伝えする場所です

A.愛知県!これは有名なのでしょうか?恥ずかしながら、私は存じませんでした
なぜ愛知県なのかというと・・・
有名な三代将軍の織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の全員が愛知県出身であり、
江戸時代には檀家制度ができたことから人口の多い地で数が増えたと考えられます
つまり、お寺は感謝を伝えるところであるため、それぞれが天下を取った感謝を伝えるためお寺へ参っていたようです
また、お寺は武器の宿泊所にもなっていたそうですよ
ちなみに、2番目は大阪府(大阪城があったため)、3番目は兵庫県(姫路城があったため)だそうです

Q.47都道府県で一番神社の多いところはどこでしょう?
ヒント:神社はお願い事をする場所です

A.新潟県!(意外でした)
新潟と言えば、お米ですよね 
そのお米がよく採れる土地にはそれだけ人もたくさんいます
明治時代までは新潟が一番人口が多かったそうですよ(゜-゜)
お米がたくさん採れますようにと、皆さんお願いされていたのでしょう

別の話になりますが、お寺は神社をモデルとしてつくられたといった話も聞いたことがあります
お寺の中に鳥居があるのを見たことはありませんか?
昔は仏教と神道の違いを特にしていなかったようですよ
こんな風にお寺や神社について知っていくととても面白いですよね^^

それでは、まだ少し早いですが今年も大変お世話になりました
来年もどうぞひらかた動物霊園をよろしくお願いいたします
みなさま、よいお年を~(^^)/

2017年度 十一月共同墓地月例法要

こんにちは、スタッフの正田です

先日、十一月の共同墓地埋葬月例法要を執り行いました

↓法要の様子です

今回も天気が心配ではありましたが、無事雨が降ることなく終了いたしました
前回が台風だったためか、今回はいつもより沢山の方がお越しくださった気がします^^

もう12月を迎えてしまいましたね・・・
月日が流れるのは本当に早いです
年を重ねるごとにその感覚は早さを増していくとよく聞きますよね
私たちでさえそうなのだから、きっとペットちゃん達はもっと早いのでしょうね

今回も、ご住職がお話しくださいました
ご住職が子どもの頃、お家の寺で保育園をしていたそうです
そこでは、沢山の動物たちを飼っていたのですが
その子たちが旅立った時は、昔は敷地内で埋葬していたようです
その際にあげられるご読経はとても簡単なものでした
ご住職もその頃は、動物にはその程度なのか・・・と子供ながらに感じていたそうです
月日が流れ、ある日ご住職が飼っていたペットちゃんが病気にかかってしまった事を機に動物たちへのご供養について深く考えるようになられました
学ばれる中で、お釈迦様が仰られていた教えはただ一つ、「人に生まれなかったこの子たちを目に、自分たち人間は精一杯長い人生を生きていくことに努めよう」というもの
ペットちゃんたちは本当に短い一生の中で、私たち家族に沢山の愛情と幸福を与え精一杯生きています
その姿から学ぶものはたくさんあります
月に一度そういった機会を与えてくれるペットちゃん達に感謝ですね(#^^#)


お供えされていた雪だるまがとても可愛かったので、しばらくお飾りしています(*^^*)